FC2ブログ

追記 Yellow Submarine: デジタル絵本の進化

(2014-07-13)
ビートルズの4人を主人公にした幻想的なアニメーション映画『イエロー・サブマリン』を原作にしたデジタル絵本の紹介記事を2012年に書いたんですが、その後に私の環境が変化したり、システムの進化もあり、新しく体験したことを書きます。

アイパッド・ミニで朗読のトラブル

まずい点を最初に書いておきましょう。

前の記事を書いたあとに iPad mini の初代モデルを入手したので、
そちらの iBooks でもこの Yellow Submarine を読んでみました。
本として自分で読む分には問題ないのですが、
朗読音源を再生すると、
必ず38頁で動かなくなり、
iPad mini を再起動するしかない状況に陥ります。
これは英語版でもフランス語版でも同じでした。


多言語ヴァージョン

私が実際に通読したのは英語版とフランス語版だけですが、
それ以外にも7種の言語、
合計すれば9種の言語でこの絵本は配布されています。
具体的には、
日本語
英語 (English)
スペイン語 (Español)
フランス語 (Française)
ドイツ語 (Deutsch)
イタリア語 (Italiano)
ポルトガル語 (Portoguês)
メキシコのスペイン語 (Español, México)
オランダ語 (Nederlands) です。


マックでも読める

初めてこのデジタル絵本 (英語版) をダウンロードした時は、
iOS限定でした。
その後に MacOS が進化して OSX 10.9 (Mavericks) の無料配布が始まり、
私も自分の Mac を10.9に更新したところ、
Mac 用の iBooks アプリがドックに表示されるようになりました。
これを起動してみたら、
過去に購入した iBooks も読めることが分かりました。

もともとiOS用に作られた絵本なので全ての機能をMacで再現できるわけではないと最初に表示されますが、
私が実際に試してみた範囲では、
本の中の人物や動物が動く機能も、
短いヴィデオの再生も、
朗読の再生と文字の色の変化も、
問題なく行なわれました。
むしろ iPad mini より滑らかなぐらいです。

さらに画面は Mac の方が大きいので、
絵本の鑑賞には有利です。
画像が粗くなったりはしません。
しかも Mac のディスプレイは横と縦の比率が16:9で、
この絵本の見開き2頁が、
うまく収まります。
デジタル絵本 Yellow Submarine を読むには、
iPad より Mac の方が楽しめることになりました。


iPhone は大型画面で

以前にこのブログで Yellow Submarine の絵本を採り上げたとき、
私はまだ iPhone 4 を使っており、
実際にこの絵本もダウンロードして読んでみたんですが、
さすがに画面が小さすぎてあまり楽しめませんでした。
文字の部分を簡単に拡大できるので文章は読めましたが、
絵本として楽しむ感じではなかったんです。

その後に iPhone 5s を購入したところ、
こちらは画面が細長くなっており、
本体を横にすると、
横と縦の比率が16:9で、
この絵本が見開き2頁がうまく表示できることに気づきました。

それでも流石に絵本を眺める端末としては小さすぎると思っていたんですが、
しばらくたってその問題を克服する方法が見つかりました。
私は仕事のプレゼンで iPad mini を使うことが多いので、
そのためのアダプタを使い、
iPhone 5s をプロジェクタや大型ディスプレイに繋いでみたところ、
この Yellow Submarine も綺麗に表示されたのです。
この場合も画像が粗くなったり、
曲線がギザギザになったりはしません。
なんらかのデジタル処理が行なわれているのでしょう。
特にTV用の液晶ディスプレイは横と縦の比率が16:9なので、
この絵本の見開き2頁がほぼピッタリ収まります。

iPod touch に関しては、
端末を持っていないので実際に試していませんが、
iOS7 が動いているなら同じ様に表示できると思います。

私は iPhone 5s や iPad mini をプロジェクタや大型ディスプレイに接続するために、
アップルの Lightning - VGA アダプタという高価な商品を使いました。

家庭用のテレビに繋ぐばあい、
iPhone 5 や iPhone 5s には、
アップルの Digital AV アダプタが必要です。
(私はまだ試していません。)


絵本自体はタダ

デジタル商品の無料配布は期間限定で実施されることが多いので、
2012年のブログ記事ではこの絵本が無料であることを強調しなかったんですが、
その後に何度か確かめてみたところ、
ずっと無料で配布されている様です。
iBookstore (iTunes Store) にユーザー登録をする必要はありますが、
9種類の言語、
どれも無料です。

デジタル絵本 Yellow Submarine は、
Mac や iOS の端末で鑑賞できる無料のしかけ絵本として、
多読などでさまざまな言語の絵本を読む人にお薦めです。





スポンサーサイト



tag : 英語 絵本 アニメ 多読 Mac iOS iPad iPhone



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ryotasan

Author:Ryotasan
今は英語関係の仕事をしていますが、高校時代、英語の成績はクラスで最低でした。英語の多読は1978年からしています。海外経験は短期間の旅行を何度かしただけです。留学したことは無いです。ずっと日本で英語をやってきました。最近、フランス語の多読もしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる